ホーム
島根県生協連の紹介
会員生協紹介
県連活動の紹介
電子公告
リンク集
 
県連活動の紹介
中村哲医師講演会in松江 アフガニスタンで命の水を求めて
 

日 時: 2008年 8月18日(月)14:00〜16:00 (開場13:30)

場 所: 松江テルサ 1Fホール(JR松江駅前)

参加費: 500円(高校生以下無料) 託児有り (1人100円)

 9・11同時多発テロ直後はメディアの注目を一身に浴びていたアフガニスタンですが、最近はイラクの陰に隠れて報道されることも少なくなりました。「民主化」され、国際的な援助を受けて、人々は平和に暮らせるようになったのでしょうか?実はそうではありません。「対テロ戦争」の戦火はいまだ止まず、干ばつはますますひどくなって、農地を捨てて難民化せざるをえない農民が続出しています。そのような中、中村哲氏を先頭とするペシャワール会は、幾多の困難を乗り越えて、13キロの水路を拓き、荒地に緑をよみがえらせました。今回、中村氏を松江にお招きし、お話を伺う機会が得られることになりました。みなさんもご一緒に、氏の経験に学び、命と平和について考えてみませんか?

【中村哲(なかむら・てつ)氏 略歴】

ペシャワール会現地代表
PMS(ペシャワール会医療サービス)総院長
1946年福岡市生まれ。九州大学医学部卒。
専門=神経内科(現地では内科・外科もこなす)。
国内の診療所勤務を経て、1984年パキスタン北西辺境州の州都のペシャワールに赴任。ハンセン病を中心としたアフガン難民の診療に携る。2000年以降は、アフガニスタンを襲った大干ばつ対策のための水源確保事業(井戸掘り・カレーズの復旧)を実践。03年3月からは灌漑水利計画に着手、07年4月第1期工事完成。

主催:島根県生活協同組合連合会
    ・松江保健生協 ・ひかわ医療生協 ・出雲医療生協 ・労済生協 ・島根大学生協 
    ・島根県学校生協 ・グリーンコープ生協 ・比津が丘消費生協 ・島後消費生協 ・生協しまね

【お問い合わせ】島根県生活協同組合連合会 事務局 (〒690-0017 松江市西津田一丁目10−40)
TEL0852-27-6284  Fax0852-27-5742

戻る
 島根県生活協同組合連合会|〒690-0017 島根県松江市西津田1-10- 40 kenren-sh@coop-shimane.jp