ホーム
島根県生協連の紹介
会員生協紹介
県連活動の紹介
電子公告
リンク集
 
県連活動の紹介
島根県議会議員・県生協連懇談会を開催
 

 3月3日(火)に島根県議会議員の皆様と県生協連との懇談会が開催され、食の安全・安心の取り組み、環境、福祉など中心に意見交換が行なわれました。

 島根県議会議事堂別館・第2会議室で開催された懇談会には、全会派から13名の議員の皆様と県生協連から7名が出席し行なわれました。

 はじめに、鎌田会長より生協への認知度は高まってきており、さらに社会的役割も果たすために努力をして行きたい。今後、様々な取り組みを進めるうえで、県議会議員の皆様のご意見を伺い活動に活かして行きたいとの挨拶後、事務局より県生協連の取り組み状況や「地方の消費者行政の充実」へのご協力などについて報告し、懇談に入りました。


 懇談会は、生協から餃子問題での状況報告や品質管理強化の取り組み、地産地消、高齢化社会に向けての取り組み、災害時での県の対応など報告し、生協だけで進めることが難しい問題も多いので、議員の皆様のご協力を是非ともお願いしたいとの意見が出された。

 議員の皆様からは、餃子問題での進捗状況について、高齢化社会への問題、消費者被害、災害時での生協の役割、地球温暖化、助け合いの取り組みなどについて、意見が出されました。


 

【議員の皆様から出された主なご意見】
  島根は全国一の高齢化率となっており、行政だけでは対応策は不十分と考えている。生協の高齢化社会に向けた取り組みに今後も期待している。限界集落という表現もされているが、地域から商店が無くなって買い物に行けないなどの状況も聞いている。食の供給など行政との協同、協力しあって地域を守ることが必要と思う。生協の組織をあげた取り組みを期待したい。
地球温暖化問題については、島根県地球温暖化議員連盟を立ち上げ取り組みを進めているが、学習会などの取り組みにも生協から是非とも参加もお願いしたい。
災害時での生協の役割に期待したい。
中国餃子問題のその後の状況はどうなっているのか教えて欲しい。

【出席頂いた議員の皆様】
  ○自民議員連盟 ・多久和忠雄議員(副議長) ・原成充議員(幹事長) ・田中八洲男議員
○民主県民クラブ ・石橋富二男議員(代表) ・和田章一郎議員 ・門脇誠三議員
・白石恵子議員  ・角智子議員   ・須山隆議員   ・珍部芳裕議員
○無会派 ・成相安信議員  ・石倉俊紀議員  ・尾村利成議員
戻る
 島根県生活協同組合連合会|〒690-0017 島根県松江市西津田1-10- 40 kenren-sh@coop-shimane.jp